アクション

【メカニック】ネタバレ感想!タイトルの意味って?【世界一強いハゲ】

こんにちは、ペペ(@pepe2blog )です。

コロナが収束してきたとは言えど、まだまだ新作の公開が少ないので、アマプラで映画を観まくっています。

世界一強いハゲ(異論は認める)でおなじみのジェイソン・ステイサムが暗殺者を演じる

メカニック

についてその面白さを解説していきます。

そもそも、僕の中でジェイソン・ステイサムって「トランスポーター」のイメージが強すぎちゃうんですよね。

しかし最近、ワイスピのデッカード・ショウを観たことで、

ペペ
ペペ
うわ・・やっぱりステイサムカッコよ!!!

となりまして、改めてジェイソン・ステイサム映画を観漁っている次第です。

ジェイソン・ステイサム映画の中でも僕が特に好きな「メカニック」について解説していきます。

この記事の内容

  • メカニックってどんな映画?
  • メカニックのキャストは?
  • ネタバレありの感想

ここから先はネタバレありで解説していきます。

「メカニック」をまだ観ていない方は、お得に映画を観られる動画配信サービスを試してみてください。2作目の「メカニック ワールドミッション」の配信状況も書いています。

動画配信サービス メカニック メカニック ワールドミッション
U-NEXT 見放題 見放題
Amazonプライムビデオ 見放題 見放題
Netflix × ×
hulu × ×
dTV 見放題 見放題

2020年7月時点で、U-NEXTAmazonプライムビデオdTVで見放題で観ることができます。

簡単登録で5分後には『メカニック』を無料で観始めることができます。

まだ登録していないなら、どうせ31日無料なので利用しないのはもったいない!とりあえず0円で「メカニック」を観てみましょう。

登録とかよくわからない人には、画像付きの超簡単手順書もあるので、観ながら5分で登録できます。

↓   ↓   ↓   ↓

\簡単登録で映画を鑑賞/
U-NEXTでメカニックを観る>

 

それでは、本作の概要・あらすじ・感想を書いていきます。

以降は、本作に関する重大なネタバレを含みます。未鑑賞の方は十分ご承知おきください。

「メカニック」ネタバレありであらすじ解説

日本公開日 2011年8月13日
原題 The Mechanic
上映時間 93分
評価 Rotten Tomato
Tomatometer: 53%
Audience Score: 51%
Filmarks
Score:☆3.5

メカニックのあらすじ

完ぺきな仕事ぶりから“メカニック”と呼ばれる殺し屋のアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)に、友人であり恩人の暗殺命令が下る。とまどいつつも任務を遂行したアーサーは、自分が殺した標的の息子スティーブ(ベン・フォスター)と知り合う。やがてアーサーはスティーブを助手に迎え、殺しのテクニックをたたき込んでいくが……。

引用)Yahoo!映画「メカニック」より

1972年に公開された、チャールズ・ブロンソン主演のアクション映画「メカニック」のリメイク版です。

僕はオリジナルを観ていないんですが、あらすじや登場人物はおおよそ似た流れのようです。

大ヒットではないまでも、続編が製作されたことからもある程度ヒットした映画です。調べてみると、製作費4,000万ドルに対して興行収入5,100万ドル程度ですね。

 

「メカニック」ネタバレありでキャスト紹介

「メカニック」のネタバレありの制作陣・キャストを紹介していきます。

監督 サイモン・ウェスト

監督 サイモン・ウェスト映画.com

1997年に、ニコラス・ケイジ主演「コン・エアー」で映画監督デビューをして、その後はアクション映画を監督することが多いです。

ペペ
ペペ
「コン・エアー」って金曜ロードショーで何度やっていたイメージ。

2001年には、有名アクションゲームを映像化した、アンジェリーナ・ジョリー主演の「トゥーム・レイダー」は、主人公ララの再現率高かったなあ。

とはいえ、この映画でアンジーはラズベリー賞の最低主演女優賞を獲得しています笑

この後、2011年に「メカニック」を制作し、さらに超豪華俳優陣フル出演でおなじみの「エクスペンタブルズ」の続編「エクスペンタブルズ2」の監督を務めます。

 

登場人物(キャスト)

メカニックの登場人物の紹介です。

アーサー・ビショップ (ジェイソン・ステイサム

アーサー・ビショップ (ジェイソン・ステイサム)映画.com

見た目が全くアーサー感が無い本作の主人公。

入念な計画と、圧倒的戦闘センスを誇る暗殺者の鏡ですね。

演じるジェイソン・ステイサムといえば、「トランスポーター」「アドレナリン」シリーズでおなじみの世界一強いハゲですね。

もう50歳超えているのに、「MEG ザ・モンスター」で肉体美を見せつけたり、「ワイスピ」シリーズで、デッカード・ショウ役で新たな人気キャラになるなど、第一線で活躍し続けてます。

 

スティーヴ・マッケンナ (ベン・フォスター

スティーヴ・マッケンナ (ベン・フォスター)映画.com

アーサーの弟子として暗殺を行うスティーヴ。

ポンコツって設定かと思いきや、銃や肉弾戦の腕前は超一流!けど、大事なとこでミスッちゃう。そういうとこがハリーにバレてたんでしょうね。

 

演じるのはベン・フォスター

「X-MEN:ファイナルディシジョン」のエンジェル(翼が生えてくるミュータント)や、「3時10分、決断の時」等に出演しています。

この映画ではかなり細くてカッコイイですが、最近ははげて太ってきているんですよね・・。

 

ディーン・サンダーソン (トニー・ゴールドウィン

ディーン・サンダーソン (トニー・ゴールドウィン)映画.com

どう考えても黒幕感強い、組織のボス。

ハリーをはめて殺した割に、最後は割とあっさりやられちゃいました。

演じるのはトニー・ゴールドウィン

ダイバージェントに出演していた以外はあまり観たことない俳優さんでした。

 

ハリー・マッケンナ (ドナルド・サザーランド

ハリー・マッケンナ (ドナルド・サザーランド)映画.com

序盤でアーサーに殺害されるも、その貫禄と風貌で圧倒的存在感を見せるハリー。

 

演じるのはドナルド・サザーランド

80歳超えの大御所俳優で、キーファー・サザーランドの父親でもあります。

出演した名作は数知れずですが、最近では「ハンガー・ゲーム」シリーズの大ボス・スノー大統領として出演していましたね。

正直ハンガー・ゲーム好きじゃないんですが、スノーは強キャラ感あって好きなんですよね。大物というか、黒幕っぽさがあります。

 

「メカニック」ネタバレ感想

「メカニック」ネタバレ感想映画.com

それでは、「メカニック」のネタバレありで感想・解説を書いていきます。

結論としては、結構面白かったです。

ジェイソン・ステイサムっぽい感じもありつつ、潜入・事故死演出などの要素もあって新鮮でした。

とはいえ、途中から殺しまくりだし、スティーヴのミスで完全犯罪どころではないんですけどね。

 

事故死に見せかけるのが新鮮

この映画の魅力って周到な準備と、事故死に見せかけるところなんです。

アーサーはすでにチート級に強いし、どんな奴でも暗殺できるんですが、「暗殺ではなく、事故」とするのが難しい!

そのために超周到に準備をするんですが、そのシーンがまさに見せ場です。

オープニングのプールの暗殺なんて、ホラー映画さながらの登場でしたね。(僕は超ビビりました。)

ハリーの暗殺では、地下駐車場にハリーをおびき出し、カージャック犯による犯行に見せかけて殺害しました。

ペペ
ペペ
死を覚悟したハリーかっこよかったな・・。

自分の組織であるからこそ、たとえここでアーサーを退けても次の刺客が送り込まれることを察し、アーサーに殺されたいと告げるハリーは、潔さがあって組織のトップとしての貫禄すら感じました。

 

その後も、ゲイのターゲットを殺害するために、犬を保健所から引き取ってスティーブにカフェに通わせるなど、周到な準備によって暗殺を進める・・と思いきや、スティーブによってその計画は狂ってしまいます。

観ているとひやひやするんですが、失敗するスティーブと尻ぬぐいするアーサーのバランスが丁度良いんですよね。

これがもし、ひたすら計画通りに暗殺をする映画だったら面白くなかったんじゃないでしょうか。

ちなみに続編の「メカニック ワールドエンド」は、ひたすら計画通りって感じなんですが、守るべき女性やよりハードなアクションが追加されているので、別物としては面白いです。

 

カルト集団の教祖アンドリューの殺害では、常用していた麻薬ケタミンによってアドレナリンが効かないというアクシデントをものともせず、アーサーが暗殺に成功!と思いきや、またしてもスティーブがネジを落として居場所がバレます。

読者さん
読者さん
アクションはすごいのに、ちょっと無能過ぎだよね。

 

ハリーがけなしていた割に、強いし優秀じゃんと思っていましたが、こういう無能感がハリーの信頼を得られなかったんでしょう。

 

チート的に強い主人公のアクション映画かと思いきや、事故死に見せかけたり、無能なバディ(弟子)の存在によって、難易度が上がって見ごたえのある映画になっていました。

 

「メカニック」の意味って?

「メカニック」の意味って?映画.com

メカニックって、普通は「機械工」とか「修理工」って意味なので、

ペペ
ペペ
まーた日本の配給会社がわけわからん邦題つけやがったな・・

と思っていましたが、原題は「The Mechanic」

調べてみると、裏の社会においては「プロの殺し屋」を指す言葉みたいですね。

すごく正確で緻密な計画で暗殺を行うさまがメカニックに似ていることからつけられた俗語なんです。

なるほど!

そんな説明一切ないけど、アメリカでは常識なんでしょうか?

しかも、裏の社会においてはって何?

現実世界では誰が使ってるんでしょう。この言葉・・笑

 

話の展開が読めないのも良い

この映画のもう一つのポイントは、アーサーの弟子となるスティーヴの父親を、アーサー自身が殺害しているということです。

父親ハリーを殺したことを言わずに、息子スティーヴを教育していくアーサー。

まあ、黒幕はディーンだろうなー、と思いつつもいったいラストはどうなるのか読めないんですよね。

読者さん
読者さん
そもそも、 なんでアーサーはスティーヴを育てたんだろう?

ハリーを殺した(と見せかけた)カージャック犯を探すため、街中のカージャックを殺そうとしたところを止めたことで、流れでアーサーの弟子となったスティーブ。

友人でも会ったハリーを仕事とはいえ殺害したことへの罪滅ぼしでもあったんでしょう。

師弟であり、敵でもあるアーサーとスティーヴの関係が、この映画のストーリーを予想できないものにしています。

 

ラストシーンを解説

ラストシーンを解説映画.com

組織に邪魔だったハリーを、アーサーを使って始末したことが発覚したディーンを、アーサーとスティーヴは殺害します。

フォークリフトで車を串刺しにするシーンは迫力ありましたね。

しかし、それだけでは終わりません。

 

ディーンを殺害する前、アーサーの家にあったハリーの銃を見つけ、父親殺しはアーサーによるものだと疑い始めたスティーブは、「仕事で知り合いを殺したことはあるのか」と質問します。

ここで、父殺しの犯人はアーサーであると核心したスティーヴは、ラストシーンのガソリンスタンドで、車にガソリンをまき、銃で撃って車を爆発させます。

読者さん
読者さん
アーサー・・死んじゃった?

と思いきやさすがアーサー。スティーヴが自分が父親を殺害したことに気づいたことを察したアーサーは、爆発直前で逃げ延びていました。

さすが、無能なおぼっちゃんとは経験が違います。

アーサーを殺したと思ったスティーヴは、アーサーの隠れ家に行き、車で逃走しようとしますが、助手席には「お前は間もなく死ぬ」のメッセージが。

スティーヴはすべてを察し、その瞬間車は爆発します。

 

ここでも、アーサーの用意周到さが発揮されていますね!

ペペ
ペペ
アーサーの最後のターゲットは、スティーヴになったんだね。

こうして、「メカニック」は幕を閉じます。

 

「メカニック」の続編は?

スティーヴを殺害し、組織のトップであるディーンを殺害したアーサーですが、その後のストーリも制作されています。

「メカニック」の続編は、2016年に制作された「メカニック ワールドミッション」です。

残念ながら監督はデニス・ガンゼルに変わり、より派手なアクション映画に変わってます。「ミッションインポッシブル」感出したかったんでしょうかね。

「メカニック」のような武骨さは薄れますが、その代わりかなりアクションが派手になるので、ぜひ観て欲しいです!

>Amazonプライムで「メカニック ワールドミッション」を無料で観る

 

「メカニック」ネタバレ感想:まとめ

「メカニック」ネタバレ感想:まとめ映画.com

「メカニック」のネタバレ解説をしてきました。

ジェイソン・ステイサムが超カッコイイだけの映画と言えばそれまでですが、父親を殺した息子と、その犯人という奇妙なバディによって、ストーリーが読めない展開でなかなか楽しめました。

 

ジェイソン・ステイサムの映画をもっと観たい人は、Amazonプライムがおすすめです。

作品数が多いことで有名なのはU-NEXTですが、ジェイソン・ステイサム作品に関しては圧倒的にアマプラの方が見放題作品が多いんです。(※2020年7月時点)

作品名 U-NEXT Amazonプライム
メカニック 見放題 見放題
トランスポーター 見放題 見放題
アドレナリン 見放題 見放題
エクスペンタブルズ 見放題 見放題
バトルフロント 見放題 見放題
ハミングバード 有料 見放題
ワイルド・スピード
スーパーコンボ
有料 見放題

最初の30日は無料で見放題ですし、その後も月額500円なので、この機会にジェイソン・ステイサム作品を一気に観ちゃいましょう!

>Amazonプライムでジェイソン・ステイサム作品を無料で観る

今回は以上です。

あわせて読みたい
ABOUT ME
ペペ
ペペ
映画大好きな20代後半のサラリーマンです。 新作映画、VOD鑑賞の感想を中心に、映画に関する記事を書いています。 僕のブログをきっかけに、映画を観たくなったり、映画がもっと好きになるお手伝いができたらいいな、と思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください