ファンタジー

【最速レビュー】魔女がいっぱい(映画)のあらすじとネタバレ感想!子供も大人も観るべき

こんにちは、ペペ(@pepe2blog )です。

最近は海外映画の公開がめっきり少なくなってかなり寂しいですね。

そんな中、久しぶりの大作を映画館で観ることができます!

それが2020年12月4日(金)に公開される「魔女がいっぱい」です。

口が裂けたアン・ハサウェイのショッキングな予告でも話題になりましたね。

※今回なんと、uni様の先行試写会に当選し、公開日よりも1週間早い11月27日(金)に一足早く鑑賞してきました!!素晴らしかった…!

トークショーでは「魔女がいっぱい」についての裏話も聞けたので、その辺の話もこの記事で紹介しています。

今回お世話になったuni様のサイトはこちらです
uni|映画とファンをつなぐ、新しい出会い

この記事では、ネタバレありで、超豪華な制作陣・キャスト・感想・考察などを書いていきたいと思います。

それでは「魔女がいっぱい」の世界をお楽しみください!

 

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:公開日

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:公開日(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

2020年12月4日(金)

日本ではワーナー・ブラザーズ・エンターテイメントから劇場公開されます。

アメリカでは、2020年10月9日に劇場公開される世的でしたが、新型コロナウイルスの影響で残念ながら劇場公開は中止されました。

代わりに、ワーナー系列の動画配信サービスである「HBO Max」にて2020年10月22日から配信開始しています。

コロナ禍でも対策を取りながら撮影を行い、やっと完成したのに残念ですよね..。

日本では、HBO Maxがなく、映画館もほぼ通常通り営業しているという背景もあって、劇場公開されることになりました。ワーナーさん、本当にありがとうございます。

読者さん
読者さん
最近は「ムーラン」とか、配信のみになっちゃうケースも多いね…

映画館がほぼ通常営業に戻りつつある日本と比べて、アメリカではコロナの影響で映画館はかなり厳しい状況です。

公開に踏み切った「TENET」も興行収入は想定を下回っているので、延期や配信で対応せざるを得ないんですよね。

 

「魔女がいっぱい」ネタバレなし:あらすじ

60年代―とある豪華ホテルに現れた、見た目は誰よりおしゃれで上品な美女。しかしその中身は、美しい外見を壮大に裏切る誰より危ない邪悪な大魔女<グランド・ウィッチ>だった!魔女は実在していて、実は世界中に潜んでいる。彼女たちはいつまでも若く、おしゃれが大好きで、いつも帽子をかぶり長い手袋をしている。そして人間のふりして普通の暮らしをしながら時々こっそり人間に邪悪な魔法をかけている。彼女たちの存在に気づいている人間はいない――気づいた人間は動物にしてしまうから。彼女たちの頂点にいる大魔女が、そんな魔女たちを集めて目論むある【計画】とは―。ある少年は偶然魔女の集会に紛れその計画を知ってしまうが・・・
ちょっと驚きのラストが”大切なもの”に気づかせてくれる、この冬たった一本のファンタジー大作。

引用)ワーナーブラザーズ公式HPより © 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールの児童向け小説「The Witches」を映画化した作品で、日本では「魔女がいっぱい」という邦題です。

一部では邦題ダサいとか言われてるけど、1987年の日本発売の時からこのタイトルだからね!

 

ティム・バートン監督とジョニー・デップというダークファンタジーコンビの「チャーリーとチョコレート工場」に対して、「魔女がいっぱい」はどうなのか…と思っていましたが、さすがロバート・ゼメキス監督とアン・ハサウェイ!

見事にロアルド・ダールのダークな世界観が映像化されていました。

 

話の内容は子供向けではあるものの、強いメッセージ性があり、ポジティブな気持ちになれる映画です。

ちなみに原作小説はこちらから読めます。児童書ですし、288ページでサクッと読めるので、映画の予習復習にどうぞ。

 

「魔女がいっぱい」ネタバレなし:制作スタッフ

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:制作スタッフ(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「魔女がいっぱい」が凄いところは、制作スタッフの豪華さです。

有名どころを紹介していきましょう!

すぐにネタバレ感想を読みたい方はこちらから飛んでくださいね。

 

監督:ロバート・ゼメキス

映画.com

バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作や、「フォレスト・ガンプ」など歴史的名作を生み出した天才。

他にも名作SF映画「コンタクト」や、綱渡りに人生をかけた男の伝記的映画「ザ・ウォーク」、第2次世界大戦下の工作員のロマンスと苦悩を描く「マリアンヌ」などを監督しています。

ペペ
ペペ
僕が1番好きな映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の監督だよ!

子供向けの映画も「ポーラーエクスプレス」や「ディズニーのクリスマスキャロル」等を監督しているので、魔女がいっぱいの監督するのも納得です。

ゼメキス監督は、「魔女がいっぱい」やロアルド・ダール作品のファンで、今回の映画化においても、原作をすごく尊重した作品になっていました。

 

脚本:ギレルモ・デル・トロ

映画.com

シェイプ・オブ・ウォーター」で2017年アカデミー作品賞・監督賞を受賞したことでも有名なギレルモ・デル・トロが脚本に加わっています。

シェイプ・オブ・ウォーターのおかげ(せい?)でしっとりした映画を作る印象がありますが、ただの怪獣・モンスター大好きおじさんです。

日本の特撮や漫画・アニメが好きで、「パシフィック・リム」には彼のロボットや怪獣愛があふれてます。

ペペ
ペペ
菊地凛子や芦田愛菜ちゃんも出演してるよ!

パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ」のようなファンタジー系作品も多いので、「魔女がいっぱい」の不気味な雰囲気にぴったりでした。

 

制作:アルフォンソ・キュアロン

映画.com

ギレルモ・デル・トロと同じメキシコ出身で、「レヴェナント:蘇りし者」や「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督と3人で制作会社を作っている監督です。

ペペ
ペペ
アカデミー賞監督3人組!凄いメンバーだね。

キュアロン監督は「ゼロ・グラビティ」でアカデミー監督賞・編集賞、「ROMA/ローマ」でアカデミー監督賞・撮影賞を受賞しています。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の監督も務めています。

1,2作目ではローブしか着ていなかったハリーたちに私服を着させることで、魔法世界にリアリティを出させたのはこの人。天才。

 

原作:ロアルド・ダール

映画.com

イギリスの作家で、1990年に亡くなっています。

しかし死後も作品は愛され、ティム・バートン監督の「Charlie and the Chocolate Factory/チャーリーとチョコレート工場」の映画は日本でも有名ですね。

「The BFG」は、スティーヴン・スピルバーグ監督によって「BFJ:ビッグフレンドリージャイアント」として映画化されました。

ちなみに、ハリー・ポッターが発売される以前は、イギリスの児童書は彼の作品がトップだったんです。

そういえば小学校時代の図書室にロアルド・ダールが並んでいた記憶が・・。

「魔女がいっぱい」の原作「The Wtchies」は1983年に発売された小説で、1990年には1度映画化されていますが日本では公開されてません。

なので、ストーリーすらよく知らない人がほとんどなんじゃないでしょうか。

↓   ↓   ↓   ↓

\31日間無料で見放題/「チャーリーとチョコレート工場」を無料で観る>U-NEXTなら2,189→0円に!

 

「魔女がいっぱい」ネタバレあり:キャスト

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:キャスト(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「魔女がいっぱい」が豪華なのは制作陣だけじゃありません!

名俳優だらけのキャストを紹介していきます。

ここからネタバレ部分もあるので、未鑑賞の方は注意してください。

  • 大魔女:アン・ハサウェイ
  • おばあちゃん:オクタヴィア・スペンサー
  • ミスター・ストリンガー:スタンリー・トゥッチ
  • ヒーローボーイ:ジャジール・ブルーノ
  • デイジー:クリスティン・チェノウェス
  • ブルーノ・ジェンキンズ:コディ=レイ・イースティック
  • レジナルド:ブライアン・ボベル
  • ジェンキンス氏:チャールズ・エドワーズ
  • ジェンキンス夫人:モルガーナ・ロビンソン
  • ゼルダ:ジョゼッテ・サイモン
  • コンスエラ:ユージーニア・カルーゾ
  • エスメラルダ:アナ=マリア・マスケル
  • サオワールス:オーラ・オルーク
  • 副料理長:サイモン・マニョンダ
  • シェフ:フィリップ・スポール

 

大魔女(グランド・ウィッチ):アン・ハサウェイ

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

プラダを着た悪魔」や「マイ・インターン」で超有名&大人気なアン・ハサウェイが、主役であるグランド・ウィッチを演じました。

「世界一恐ろしい大魔女」役のイメージ無いな~と思ってましたが、口が裂けた姿は迫力満点!

正直ちょっと怖すぎ・・ww

プリティ・プリンセス」や「プラダを着た悪魔」の可愛い女の子から、「マイ・インターン」や「オーシャンズ8」のような美しさ爆発の大人の女性に常に進化し続けるアン・ハサウェイ。

ここにきて、世界一恐ろしいけどちょっぴりドジな魔女役という新しい扉を開けた感じがありますよね。

 関連記事  【無料で観られる】アン・ハサウェイの映画おすすめ15作品|U-NEXTなら見放題

 

オクタヴィア・スペンサー

オクタヴィア・スペンサー映画.com

主人公のおばあちゃん役を演じるのはオクタヴィア・スペンサー。

ヘルプ~心が繋ぐストーリー~」が有名な出演作品ですかね。

パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督作品「スノーピアサー」や、クリス・エヴァンスの感動ドラマ「ギフテッド」、黒人女性のNASAでの活躍を描いた実話「ドリーム」などにも出演してます。

どの役も、主人公をサポートしてくれる丁度いい立ち位置なんですよね~。

「ギフテッド」も「魔女がいっぱい」もそうですが、オクタヴィア・スペンサーが子供とノリノリでダンスするシーンが好きすぎます。

こんな知り合いのおばさんいたら楽しそうですよね。

ちなみに「ギフテッド」はめちゃくちゃ泣ける親子愛の話なので未鑑賞の方はぜひご覧ください。

無料でオクタヴィア・スペンサーの映画を観る>

 

ミスター・ストリンガー:スタンリー・トゥッチ

ミスター・ストリンガー:スタンリー・トゥッチ映画.com

ホテルの支配人であるミスター・ストリンガー役を演じたのは、スタンリー・トゥッチ。

って、お前メインキャラじゃないんかーい!

オクタヴィア・スペンサーと同列で名前が並んでるから、さぞや活躍するのかと思うじゃないですか!

それが結局、魔女の存在すら知らずに終わるとは笑

とはいえ、アン・ハサウェイに翻弄される姿や、ネズミと格闘するシーンはついつい目が行っちゃいますね。

スタンリー・トゥッチといえば、「プラダを着た悪魔」好きなら外せないナイジェル役として有名です。

余談ですが、「プラダを着た悪魔」のキャストは仲が良くて、スタンリー・トゥッチは、共演者のエミリー・ブラントの紹介で、彼女の姉のフェリシティ・ブラントと結婚しています。

アン・ハサウェイとも仲が良いみたいなので、その辺の雰囲気を感じながら鑑賞するのも面白いかもしれません。

無料でスタンリー・トゥッチの映画を観る>

 

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

それでは「魔女がいっぱい」を観終わってからのネタバレ感想・考察を書いていきたいと思います。

一言でいうと「子供向け映画の域を超えて、誰もがポジティブな気持ちになれる映画」でした。

 

アン・ハサウェイの新たな扉

アン・ハサウェイ、やり切りましたね~!

これまでダメダメ女子や、麗しのキャリアウーマンの役が多かったアン・ハサウェイですが、ここにきて悪役を演じるとは。

ここ数年でどんどん貫録がついてきたアン・ハサウェイだからこそできた役なのかなと思います。

ストーリーは児童書ということもあって、割とご都合主義な部分も多いですが、それゆえに大人も子供も楽しめる最高のエンタメ映画でした。

「チャーリーとチョコレート工場」のようなダークファンタージーな雰囲気もありつつ、おしゃれな雰囲気もありつつ、強烈なメッセージ(この後解説します)もありつつで、あっという間の104分!

 

子供映画にしては怖すぎ!には理由がある

しかし鑑賞してて思ったんだけど、子供向けの映画にしては怖い

個人的に一番びびったのは、アリス(おばあちゃんの子供の時の親友)がニワトリに変身するシーン。完全にホラーでしょ。

他にもネズミに変身するシーンや、グランドウィッチが手を変形させながら追いかけてくるシーンなど、子供が観たらトラウマになるんじゃないかってシーンが結構ありました。

子供映画にしては怖すぎ!には理由がある(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

ただ、こういった不気味さや怖さって、原作の雰囲気そのものなんですよね。

原作者ロアルド・ダールとロバート・ゼメキス監督には「子供を過小評価しない」という共通の考え方があるようです。

子供だから怖がるだろう」というのはあくまで大人の考えで、実は子供のほうが案外けろっとしていたりすることありますよね。

この考え方は映画のストーリーにも表れています。

8歳の子供である主人公の決断や行動は、時に突拍子もないものですが、大人であるおばあちゃんは一度も止めようとはしません。

すべてに寛容で、協力的で、愛情に満ちています。

もちろん心の中では不安でいっぱいでしょうが、決して「子供たちを過小評価しない」で彼らの意思選択に任せるというスタンスを崩さないんですよね。

 

最近大ブームの「鬼滅の刃」でさえグロテスクで子供に悪影響だという批判がありますが、子供をなるべく危険から遠ざけようとするあまりに、過保護になりすぎると子供は成長することができないと思うんですよね。

もちろん、だからと言って過激な映像を子供にバンバン見せろということではないのであしからず。

ただ、ロアルド・ダールとロバート・ゼメキスは、あくまで「子供の目線」で魔女がいっぱいという作品を作り上げたんだなと感じました。

 

原作へのリスペクトがある

上述したように、ゼメキス監督はロアルド・ダールと考え方が近いこともあり、映画「魔女がいっぱい」には原作へのリスペクトが感じられました。

序盤の「魔女の見分け方」や、全体的なストーリー構成はほぼ原作通り。終盤のストーリー展開や細かい点も異なる部分はありますが、原作が大事にされている感じを受けます。

 

そして何よりもラストシーンです。

おそらく、原作未読の方は子供たちがネズミのまま物語が終わってしまい「え!これでいいの?」と思ったんじゃないでしょうか。

しかしこのラストシーン、原作そのままなんですよ笑

今のご時世、もしかして元の姿に戻るエンディングに変更されていたらどうしよう…と密かに心配していたのですが、さすがゼメキス監督。

しっかりとラストを描き切ってくれました。

 

え!最後ってこれでいいの?と思った方へ

ラストシーンについてもう少し。

この映画ってバットエンド?ハッピーエンド?どちらでしょう。

この映画の目的を「ネズミにされた主人公が元の姿に戻ろうと戦う物語」だとすると、バットエンドに見えてしまいます。

でも、「主人公が幸せに暮らすこと」だと考えれば、おばあちゃんや友達と暮らし、魔女を倒すという人生の目標もあり、残り最大9年という寿命(衝撃!)を全力で生き抜くというのは、ハッピーエンドにも見えますよね。

捉え方によって、変わるんですよ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー3(C)1990 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC.

例えばロバート・ゼメキスの名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」だって、当初の目的は100年前に飛ばされたドクをマーティが救出しに行くことでした。

しかし結局ドクは100年前に残り、マーティは1985年に戻ってきます。

でも、この映画をバットエンドとは言いませんよね?それはドクが100年前の世界で幸せを見つけたからです。(まあ、最終的には戻ってきますが..)

 

僕は、ダールとゼメキスの伝えたかったもう一つのテーマが「どんな状況でも前を向くこと」なんだと解釈しています。

受験に失敗した、好きな子に振られた、コロナで生活が一変した…など人生にはつらいことが山ほどあります。

そこで悲観するだけではなく、その中で自分の幸せを見つけ出すことの大切さを教えてくれる素晴らしい映画でした。

 

と、ここまでは子供へのメッセージ。

大人向けにはもう一つ耳の痛いメッセージが残っています。

ネズミになって超ポジティブになった主人公ですが、初めからそうだったわけではありません。

映画の最初は両親が死んで、自分の状況に絶望していました。

それを救ってくれたのはおばあちゃんです。

危険なものから遠ざけるだけではなくて、困難に向き合い前を向くことの大切さを子供に伝えるのも大人の役目だなーと痛感させられる映画でした。

 

「魔女がいっぱい」ネタバレあり:裏話

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

最後に「魔女がいっぱい」に隠された裏話をいくつか紹介しますね。

  • 「魔女がいっぱい」の舞台はほとんどがセット
  • アン・ハサウェイが話す言葉は何語?
  • 登場した魔女は50人
  • アン・ハサウェイ⇒グランドウィッチの舞台裏

 

「魔女がいっぱい」の舞台はほとんどがセット

映画「魔女がいっぱい」の舞台は、1960年代のアメリカです。

この街並みや、おばあちゃんの家、ホテルの中はすべてアメリカ・ワーナーブラザーズの敷地内に組まれたセットだそう。

唯一別の場所で撮影されたのが、ホテルの外観のシーン。これは、イギリスにある建物を使って撮影されました。

しかも「魔女がいっぱい」では、ネズミになった主人公たちが走り回るため、絨毯や細かい置物に至るまで細部にわたってセットが作成されています。

最近では、ほとんどCGで撮影する映画も多い中、セットでの撮影にこだわっているおかげで、魔女がいるホテルでネズミになった少年が走り回るというあり得ないシチュエーションが、よりリアルに感じられるようになってるんですね。

 

アン・ハサウェイが話す言葉は何語?

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

魔女がいっぱいを観て「アン・ハサウェイ、なんかしゃべり方へんじゃね?」と思った方、敏感です。

原作では魔女はノルウェーに多く住み、発音もノルウェーなまりであるとされています。

しかし実際映画にしてみると、ノルウェーなまりってあんまり不気味な魔女って感じじゃないんですよね。

そこで、アン・ハサウェイは「古ノルド語」のイントネーションを使って、あの不気味で偉大なグランドウィッチのしゃべり方を演じているんです。

uni様の試写会のトークショーのお話では、アン・ハサウェイは、この古ノルド語にさらに「ベーコンのジュージュー焼ける音」を組み合わせたとのこと。

確かに、巻き舌だったり低い音程の声を出したりと、言われてみればベーコンの焼ける音に聞こえるかも?

気になる方はぜひもう一度劇場に足を運んでみてください。

 

登場した魔女は50人

グランドウィッチと一緒に登場し、最後にはネズミになってしまった魔女たち。

彼女らは全部で50人おり(1人殺されたから途中から49人)、それぞれ人種や容姿がバラバラです。

さらに、それぞれの背景や個性に合わせた魔女の衣装が細部までこだわって作られているので、観ているだけで鮮やかで素敵な魔女たちが完成しました。

ちなみに、僕は途中から市立中学のPTAの集まりにしか見えなくなっちゃったんですよね..。

 

アン・ハサウェイ⇒グランドウィッチの舞台裏

マリリンモンロー映画.com

グランドウィッチの、金髪でウェーブかかった髪の毛に、赤い口紅を引き、おしゃれなドレスに身を包む姿は「マリリン・モンロー」や「ジャクリーン・ケネディ」をイメージしているようです。

確かに、めっちゃ似てますね!

アン・ハサウェイは、口が裂け、鼻の穴が大きく、指が少ないグランドウィッチに変身するための特殊メイクに4時間もかかってるんです。

さらに魔女の集会のシーンではグランドウィッチがふわふわと浮き上がるシーンがありましたが、これはワイヤー・アクションで実際にアン・ハサウェイが浮かんでます

アン・ハサウェイ自身のアイデアで、グランドウィッチが浮かんで飛び回るシーンが撮影されたらしく、彼女のグランドウィッチへの強いイメージとこだわりがあることが分かりますね。

 

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:まとめ

「魔女がいっぱい」ネタバレ感想:まとめ(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「魔女がいっぱい」のネタバレ感想を書いてきました。

ロアルド・ダール原作×ロバート・ゼメキス監督がマッチして、子供も大人も楽しめるダークファンタジーになった作品でした。

 関連記事  【無料で観られる】アン・ハサウェイの映画おすすめ15作品|U-NEXTなら見放題

【無料で観られる】アン・ハサウェイの映画おすすめ15作品|U-NEXTなら見放題「アン・ハサウェイの映画」を探していませんか?本記事では、アン・ハサウェイが好き!彼女の出演する映画を観たい!そんなあなたにピッタリの映画を紹介します。U-NEXTですべて無料で観ることができるので要チェックです。...

 

今回は以上です。

 

映画をお得に鑑賞するなら

この記事で登場する映画を観たい方は、U-NEXTの無料トライアルを試してみてください。登録するだけで、31日間映画・ドラマ・アニメが見放題です。

※2020年11月時点の作品情報です。見放題作品は変更する可能性があるので、U-NEXT公式HPで確認してください。

作品名 U-NEXT
バック・トゥ・ザ・フューチャー
シェイプ・オブ・ウォーター 有料
ゼロ・グラビティ
プラダを着た悪魔
ヘルプ
マイ・インターン

これらの映画がすべて見放題です。

無料トライアルに登録すると600ポイントがもらえちゃうので、有料コンテンツ「シェイプ・オブ・ウォーター」も実質無料で観られますよ!

登録5分後にはこれらの映画を見放題です。

ちょっとした空き時間にレンタルショップに行くことなくすぐに観られるので、映画ライフが劇的に変わります。

登録方法がわからない方には、画像付きで超簡単に解説しているので見ながら登録すればOKです。

↓   ↓   ↓   ↓

\31日間無料で観られる/U-NEXTで映画を無料で観る>期限内に解約すれば0円!

 

あわせて読みたい

 関連記事  【U-NEXT無料トライアル】完全攻略!絶対に損しない方法を解説

 人気記事 【映画ブロガーが厳選!!】映画を観るのにピッタリのVOD(動画配信サービス)【2020年版】

ABOUT ME
ペペ
ペペ
映画大好きな20代後半のサラリーマンです。 新作映画、VOD鑑賞の感想を中心に、映画に関する記事を書いています。 僕のブログをきっかけに、映画を観たくなったり、映画がもっと好きになるお手伝いができたらいいな、と思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください