コメディ

【コンフィデンスマンJP プリンセス編】予告&考察!前作までもネタバレなし解説

こんにちは、ペペ(@pepe2blog )です。

ドラマ・映画と大人気である

「コンフィデンスマンJP」シリーズ

その続編である

“コンフィデンスマンJP プリンセス編”

についての感想・考察・解説をしていきます。

読者さん
読者さん
プリンセス編・・てことはシリーズもの?「JP」て何のこと??

という人も大丈夫です。

すべて鑑賞済みの方はもちろん、これまでのシリーズを観たことない人にもわかりやすく、ネタバレなしで「コンフィデンスマンJP」の魅力を解説しています。「コンフィデンスマンJP プリンセス編」に備えましょう。

 

本記事のポイントは以下の通り。

この記事のポイント
  • コンフィデンスマンJP」シリーズについてネタバレなしで解説
  • コンフィデンスマンJP プリンセス編」予告編と事前情報をまとめて解説・考察
  • 主題歌やキャストの情報も!

このコンフィデンスマンシリーズは、信用詐欺師(コンフィデンスマン)の話なので大どんでん返しが見どころです。

そのため、ネタバレサイト等を観ずに、ご自身の目で、ドラマシリーズ・映画前作を鑑賞いただくことを強くおすすめします。

この記事では、大きなネタバレはありませんので、未鑑賞の方でも問題ないかと思います!

それでは、解説していきます。

ペペ
ペペ
コンフィデンスマンの世界へようこそ!

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」あらすじ

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」あらすじ

引用)映画.comより

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンド・フウが亡くなった。遺産を巡り火花を散らしていたブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟の前で執事トニーが発表した相続人は、誰もその存在を知らない隠し子“ミシェル・フウ”だった。ミシェル捜しが続く中、10兆円とも言われる遺産を狙い、我こそはミシェルと世界中から詐欺師たちが”伝説の島”ランカウイ島に大集合!そして、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人も、フウ家に入り込み、華麗に超絶大胆にコンゲームを仕掛け始める…はずが、百戦錬磨のコンフィデンスマン・ダー子たちに訪れる最大の危機!誰がフウ家の当主の座を射止めるのか!?世界を巻き込む史上最大の騙し合いが始まる!!

引用)映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」公式HPより

日本公開日 2020年7月23日
上映時間 不明
日本配給 東宝

前回の香港に続き、本作の舞台はマレーシア。お金がかかってますね。10兆円という遺産を狙うために、動く本作。これまでとは比べ物にならない強敵との闘いが予想されます。

それではまず、コンフィデンスマンJPについて解説していきましょう。

前作まではチェック済み、とにかく本作の内容を知りたい方は解説・考察へ。

 

コンフィデンスマンJPシリーズについて

引用)YouTube 「東宝MOVIEチャンネル」より

これまでドラマ・スペシャルドラマ・映画が製作されている人気シリーズ。

コンフィデンスマン(信用詐欺師)の、ダー子(長澤まさみボクちゃん(東出昌大リチャード(小日向文世の三人組が、犯罪や悪徳商法で金を稼ぐ悪者たちを、あの手この手で騙して、最後には大金をだまし取る、というエンターテイメントコメディです。

ドラマ:コンフィデンスマンJP

ドラマ:コンフィデンスマンJP

引用)映画.com

  • 放映期間  :2018年4月~6月
  • テレビ局  :フジテレビ
  • 話数    :全10話

基本的には1話完結。毎回敵が現れて、追い込まれるが、最後には大逆転してお金を奪う、というストーリーなんですが、ゲストがすごいんです!

1話ごとに「〇〇編」というタイトルがついてるんですが、第1話:ゴッドファーザー編は江口洋介、第2話:リゾート王編は吉瀬美智子、他にも竜雷太、りょう、佐藤隆太などなど。ドラマのレギュラー級のキャストが1話ごとにバンバン出てきます。

さらに見どころはその軽快なストーリー

ふざけ続けるダー子と、それに振り回されるボクちゃん、我関せずのリチャードが織りなす軽快な掛け合い(コント?)を観るだけでこのドラマを、観る価値があります。

もちろん「プリンセス編」でもその掛け合いは健在のはずです!


スペシャルドラマ:コンフィデンスマン 運勢編

スペシャルドラマ:コンフィデンスマン 運勢編

引用)映画.comより

  • 放映日   :2019年5月18日
  • 放送時間  :130分
  • テレビ局  :フジテレビ
  • ゲスト   :北村一樹、中山美穂、広末涼子

映画公開日翌日(2019年5月18日)に放送されたスペシャルドラマです。

さすがスペシャルドラマ。ゲスト出演者も非常に豪華です。

今回のオサカナちゃんは、闇金業者・北村一樹!人を見下したような笑い方、かなりはまり役です。

ダー子・ボクちゃん・リチャードの3人が、がっぽりお金を奪おうと企みますが・・というお話。

頻出用語解説
  • オサカナ :詐欺のターゲット
  • コネコ  :ダー子が詐欺をするときの味方。

映画:コンフィデンスマン ロマンス編

映画:コンフィデンスマン ロマンス編

引用)映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」公式HPより

日本公開日 2019年5月17日
上映時間 116分
日本配給 東宝

ドラマの9話で映画化が発表されてから約1年。ついに公開された映画コンフィデンスマンJP。

死ぬほど面白いです。

本音を言えば、このブログを読んでる時間があるならば、この映画をまず観ていただきたいくらいです。

 

映画の舞台は香港。オサカナちゃん(ターゲット)は、香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。

しかし今回は、ダー子に憧れて弟子入りしたモナコ(織田梨沙)や、ドラマで敵だった赤星(江口洋介)や、ダー子の元恋人ジェシー(三浦春馬)が現れて、物語は二転三転四転五転・・・。

もう何が本当で、何が嘘かわからなくなります笑

個人的にはドラマから観ていただきたいですが、主要な登場人物を知っていれば、この映画だけでも十分に楽しめると思います!


「コンフィデンスマンJP プリンセス編」制作陣

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」制作陣

本作を作り上げた監督、そして脚本についてです。

監督: 田中亮

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」に続いて今回も監督を務めます。

・・というか、田中監督の初監督作品が「コンフィデンスマンJP ロマンス編」なんです。

今回は2作目。

とんでもない経歴ですね・・。

もともとは、ドラマ「コンフィデンスマンJP」の演出を務めていたので、本作への理解は申し分なし!前作も最高の映画でしたので、期待が高まります。

 

脚本: 古沢良太

映画では「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「エイプリルフールズ(2015)」。ドラマでは「リーガル・ハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」を生み出した、脚本家です。

大好きです。

僕は、ガッキー(新垣結衣)が大好きなんですけど、古沢作品のガッキーはめっちゃ可愛いんです!ドラマ「リーガル・ハイ」や映画「ミックス(2017)」の振り切ったキャラが最高です。

ふざけた女性キャラという意味では本作の長澤まさみさんのほうが凄まじいですが・・笑

 

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」キャスト

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」キャスト

引用)Cinemacafe.netより

続いて、キャスト紹介です。

「コンフィデンスマンJP」シリーズでおなじみのキャラクターから、本作の豪華オリジナルキャラクターまで紹介していきます。

ダー子:長澤まさみ

長澤まさみ扮するは、天才コンフィデンスマン(詐欺師)のダー子!

基本的にはふざけまくります。

たまにシリアスな感じを出しますが、大体嘘です

詐欺に手を染めるのを嫌がるボクちゃんに対しても、それっぽいことを言って説得しますが、大体嘘です

あまりにふざけすげて全く本性がわからないため、一番何考えているかわからないキャラですね。主人公なのに・・。

しかし、詐欺のために医学書を数十冊読んで覚えたり、瞬時にどんな人物にでもなりきれたりと、天才的な才能の持ち主なんです。その才能を他に生かせれば・・笑

 

ボクちゃん:東出昌大

ダー子と行動を共にするなよなよイケメン。

すぐに人に騙され、人情もろく、心根がまっすぐなのに、ダー子にいいように使われる残念な男。

だからこそ、たまに見えるダー子との信頼関係みたいなものが、グッとくるんですよねー。

ダー子との恋愛模様も気になるところです。

ペペ
ペペ
最近の東出さんのニュースで、公開に影響がでないといいけど・・。

 

リチャード:小日向文世

第三の男、リチャード。

ルパン三世の五右衛門、ヤッターマンのトンズラー、東京03豊本・・そんな感じの男です。

キャラはあるけど、決してメインにはならず、陰ながらいい仕事をするタイプ。

しかし、案外女遊びしてたりしてて、小日向文世さんのイメージと違うキャラなんです。けど、目の奥が笑ってない感じは、やっぱり小日向さんなんでよね。

 

五十嵐:小手伸也

「コンフィデンスマンJP」シリーズ一番の出世頭と言えばこの人でしょう。

メインではないながらも、おいしい役どころを演じきり、今やドラマ・バラエティーに引っ張りだこのこの人。(ちょっとしたごたごたもありましたが・・笑)

五十嵐は、情報収集から、演技まで何でもこなし、ダー子たち3人をサポートするなんでも屋。(ですよね?そういや職業が何かって話は出たことない気が・・)

今回も、絶妙なサポートと、ちょっとうざい絡みが観られると思います。

 

アンドリュウ・フウ:白濵亜嵐

今回のオサカナちゃんと思われます。

資産10兆円のフウ家で、遺産争いを繰り広げます。

 

コックリ:関水渚

ダー子のコネコちゃんとして参加するようです。前作のモナコ的立ち位置ですね。

予告編ではかなり感動的な場面もあり、活躍が期待されます。

 

クリストファー・フウ:古川雄大

アンドリュウ・フウの兄。フウ家の長男。

 

トニー・ティン:柴田恭兵

フウ家を守る忠実な激渋執事。予告の感じから、セキュリティなども任されたかなりの実力者?

 

レイモンド・フウ:北大路欣也

フウ家当主で、アンドリュウ、クリストファーの父親です。この人が亡くなったことで生じた遺産継承問題。おそらく冒頭から亡くなるので、基本的には回想シーンでの登場でしょう。

 

 

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」予告編

コンフィデンスマンJP プリンセス編の予告編を公開順に紹介していきます。

全て東宝MOVIEチャンネルより掲載しています。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」2020年1月公開

引用)YouTube 「東宝MOVIEチャンネル」より

今回狙うは、シンガポールの大富豪・フウ家。舞台はマレーシア・ランカウイ島。

オサカナちゃんはフウ家であり、その狙いはなんと遺産10兆円!!

フウ家に近づくため、ダー子はプリンセスとして潜入します。

「フウ家に近づくな!」「相続を辞退しろ」とフウ兄弟に言われているので、彼らのプリンセスではなさそう。別のルートから近づくんですね。

クリストファー・ロウに「こっちこそ願い下げだい!」と啖呵を切るダー子をみても、フウ家との関係はあんまりよくなさそう・・・。うまくいくのか?

この10兆円、どうやらレイモンド・フウの遺産であるとのこと。

僕的には、レイモンド・フウの隠し子として現れるのかな、と思ってます。

相続問題にもめるフウ家に現れた、当主の隠し子(プリンセス)として遺産をかっさらうんじゃないでしょうか。

もちろん一筋縄ではいかないのがこの映画!予想を裏切られるのが楽しみです。

そして何より気になるのが、ダー子に迫るボクちゃん!!

これまでもさんざんダー子に振り回されてきたボクちゃんに、報われてほしいですね笑

 

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」2020年2月6日公開

引用)YouTube 「東宝MOVIEチャンネル」より

予告編第2弾が公開されました。

第1弾予告の際に予想したように、レイモンド・フウの隠し子であるミシェルの存在が遺言状にて明らかに。そのミシェルであるとしてダー子はフウ家に乗り込みます。

しかしそこには世界中から遺産を目当てに集まった詐欺師たちが・・

これまでのキャラクターたちも多く登場しているようです。

そして気になる「物語は、完結へ」の文字。本作で完結してしまうのでしょうか。

 

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」2020年4月3日公開

 

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」解説・考察

それでは、内容を解説・考察していきます!

「JP」って何?

お察しの通り”JP”は”ジャパン”です。

もともと本作は、アジアで人気の高い古沢良太氏が、日本(JP)、中国(CN)、韓国(KR)の同時企画として始まったものです。

古沢氏が、各脚本を担当して各国で別々に作品が製作されるのかと思っていましたが・・

全く音沙汰ないですね笑

改めて調べてみたんですが、具体的な話は全くないようです。(2020年2月時点)

まあ、日本でこれだけ順調なので、まずはこちらに注力する、ということなのかもしれません。

今後、各国での新しい「コンフィデンスマンCN」「コンフィデンスマンKR」が発表されるかもしれないので、注目です。

 

主題歌は「Official髭男dism」

主題歌は「Official髭男dism」

引用)映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」公式HPより

皆さん、ご存じでしょうか。

2019年、最も流行ったバンドといっても過言ではないOfficial髭男ism(通称:ひげだん)

紅白出場でも話題になった彼らが「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の主題歌「Laughter」を歌います。

ドラマ主題歌「ノーダウト」や、一世を風靡した映画主題歌「Pretender」も全て彼らが歌っており、もはや彼らの成功は「コンフィデンスマンJP」なしではありえなかったでしょう。


おまけ 「コンゲーム」を楽しめる映画

おまけ 「コンゲーム」を楽しめる映画

コンゲームとは、詐欺師などが登場し、策略・騙し合い・裏切りによって物語が二転三転するジャンルのこと。

観客も一緒に騙されて、最後に大どんでん返し!という内容が多いので、おすすめのジャンルなんです。

僕のオススメコンゲームはこちら!!

スティング(1973)

コンゲームの王道・名作!

 

オーシャンズ11(2001)

超豪華キャストで繰り広げられるコンゲーム!他シリーズもおすすめ。

 

ラスベガスをぶっつぶせ(2008)

実話ベース。MIT(マサチューセッツ工科大学)学生がラスベガスのカジノに挑む。

 

カラスの親指(2012)

阿部寛と村上ショージという異色の詐欺師コンビ!

原作も非常にクオリティの高いコンゲームが繰り広げられています。


コンフィデンスマンJP ロマンス編(2018)

本作を観る前にぜひ鑑賞してください。

ここまで読んでいただいた方に映画をもっとお得に観るU-NEXTをご紹介します。

U-NEXTで映画を観るメリット
  • 登録後31日間無料で鑑賞可能
  • 毎月もらえる1200ポイントで有料コンテンツも観られる
  • 作品数は業界最高の140,000本

※無料期間のポイントは600ポイント

この記事で紹介した作品も、U-NEXTなら鑑賞できます。(2020年3月時点)

  • スティング :見放題
  • オーシャンズ11 :見放題
  • ラスベガスをぶっつぶせ :見放題
  • カラスの親指 :見放題
  • コンフィデンスマンJP ロマンス編 :550ポイント

最初に600ポイントもらえるので上記すべて観ても無料です。

気になる映画があるなら、まずは無料トライアルで鑑賞してみたください。

↓   ↓   ↓   ↓

\簡単登録で映画を鑑賞/
U-NEXTを無料体験してみる

 

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」のまとめ

ドラマ、映画について解説してきましたが、

まずは前作観てください!

そして公開日を一緒に待ちましょう!!

※2020年4月時点では、公開延期のみ決定。公開日は未定です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント、おすすめ映画などいただけると嬉しいです。

 

 

©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ABOUT ME
ペペ
ペペ
映画大好きな20代後半のサラリーマンです。 新作映画、VOD鑑賞の感想を中心に、映画に関する記事を書いています。 僕のブログをきっかけに、映画を観たくなったり、映画がもっと好きになるお手伝いができたらいいな、と思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください