SF

映画【STAR WARS -スカイウォーカーの夜明け-】ネタバレあり感想!壮大にしつつも、ちゃんと話を終わらせないと・・感がすごい。

こんにちは、ぺぺです!

 

STAR WARS -スカイウォーカーの夜明け-の感想を書いていきます

そんな本作の評価は・・(☆1~10の10段階評価)

評価:
☆1~3   なんじゃこれ
☆4~6   まあまあ。人によるかも
☆7~9   面白い!おすすめできる
☆10    人生を変えた最高の映画

 

アクションあり、恋愛あり、旧作へのリスペクトもありで、全体的に良かったです

ただ・・盛り上がるならなんでもあり感がすごかったですね

それでは、本作の概要・あらすじ・感想を述べていきます

ネタバレありですのでご注意を。

 

基本情報

引用)「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」公式HPより

日本公開日 2019年12月20日
原題 STAR WARS: The Rise of Skywalker
上演時間 142分
配給 ディズニー

 

制作陣・キャスト

監督  :J・J・エイブラムス

言わずと知れたハリウッドの名監督

クローバーフィールド」、「スタートレック」シリーズ、「ミッションインポッシブル(3~6)」の監督や製作

そして、僕の大好きな「アルマゲドン(1998)」の脚本もこの方

見た目は童顔でオタクっぽいが御年53歳

 

原作  :ジョージ・ルーカス

これは言わずもがな、ですね

映画が始まるときの『LUCAS FILM』のロゴだけでテンション上がります

 

キャスト

レイ・パルパティーン    :デイジー・リドリー

カイロ・レン        :アダム・ドライバー

ルーク・スカイウォーカー  :マーク・ハミル

レイア・オーガナ      :キャリー・フィッシャー

フィン           :ジョン・ボイエガ

ポー・ダメロン       :オスカー・アイザック

 

デイジーリドリーは、フォースの覚醒(今回の3部作の1作目)キャストが発表されたとき、

「ん・・誰だ?」と思いました

それもそもそのはず、本作以前は目立った出演もなく、いきなりの大抜擢!

27歳(2020年1月現在)とのことですし、今後の活躍が楽しみです

 

あらすじ


引用)You Tube 「ディズニー・スタジオ公式」より

本作は、誰もが名前は知っているであろう「STAR WARS」シリーズの第9作目

第1作目である「STAR WARS エピソード4 -新たなる希望-」公開から数えると42年目です。

大人から子供まで誰でも楽しめる、まさにSF映画の金字塔ともいえる作品でしょう

ペペ
ペペ
僕がリアルタイムで観始めたのはエピソード1(4作目)から!

新たな3部作として2015年から始まったこのシリーズですが

その完結編でもある今作は、前作の戦いから約1年後から始まります

 

前作「STAR WARS エピソード -最後のジェダイ-」で、帝国からの猛攻の中生き残った10数名は、レイアを中心に新たな仲間を集めていました。

 

一方、前作で最高指導者スノークを真っ二つにしてトップに​上り詰めたカイロ・レン率いる

ファースト・オーダーは、その圧倒的な力で反対勢力をねじ伏せていきました

悪の帝王:カイロ・レン爆誕です

 

ネタバレあり感想

カイロ・レン、上司を倒すも、新たな上司が現れる

そんな猛威を振るっていたカイロ・レンですが、割とすぐに新たな上司が現れ、中間管理職に逆戻りします。
いやー・・イケイケのカイロ・レン好きだったので残念でした。

 

ちなみに、僕はスターウォーズでよくある、

「部下を叱ってたら、突然上司が現れてなぜか自分が怒られる」みたいなシーンが大好きです

ペペ
ペペ
部下の、「俺らのいないとこでやってくれよ・・」的な、気まずい顔がたまらないね

 

 

新たな上司の名は、パルパティーン

そう、シリーズ最大の敵でもある、銀河帝国の元皇帝のあの方です!

 

STAR WARS エピソード6 -ジェダイの帰還-」のエンドアの戦いで死んだはずの

パルパティーンですが、エクサゴルにて、シスの信者たちの手で復活を果たしていたのです。

 

ぶっちゃけ、今シリーズから観始めた人からしたら、「だれ・・?」かもしれませんが、まさか生きてると思ってなかったので、映画館で

「え・・まじか・・。」

とつぶやいてしまいました。すまん、隣に座ってたカップル。

 

 

引用)「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」公式HPより

 

部下の前で怒られちゃう系上司 No.1 ハックス将軍、裏切る!

一方、レジスタンス側は、ファースト・オーダー内のスパイによって、シスの残党への手掛かりとなる情報を得ることに成功します。

そのスパイとは、誰よりも職場でのパワハラに頭を抱えていたであろう、ハックス将軍!

 

部下の前で怒られ、上司であるスノークがやっと死んでくれたと思ったら、カイロ・レンのフォースに屈服させられ・・。

挙句の果てに裏切った理由はカイロ・レンが負けるのを見たいから

そしてその5分後には殺される。

お手本のような負け犬人生です。

 

フォースのない人間の中では、相当すごい人のはずなんですけどね・・

スターウォーズ界のヤムチャ的存在。

個人的にはドーナル・グリーソン大好きなので、ハックス将軍応援してます

 

しかし、そのハックス将軍のおかげで

レジスタンスはエクサゴルへの手掛かりをつかみます。

 

決戦!! レイ vs レン

さて、復活したパルパティーンは、カイロ・レンにレイの殺害を命じます。

カイロ・レンは、そのためにレイを追いかけ、とばっちりで、みんな大好きチューバッカも死にかけます。

正直、絶対に死んでない感丸出しだったので、この演出必要か・・?とは思いましたが、そんなこんなでレイVSカイロ・レンの対決が行われます。

 

レイとカイロ・レンの戦闘シーンは、今回の見どころの一つでしょう。

水しぶきで前髪びしょびしょのカイロ・レンは、一度レイに敗北し、そこで心境の変化が訪れました・・。

カイロ・レンは死に、ベン・ソロが帰ってきたのです。

ペペ
ペペ
どうでもいいけど、字幕だとレイとレンってややこしいよね

 

 

パルパティーンの目的とは・・そしてレイとの関係性は?

そして物語終盤、カイロ・レンとの戦闘を終え、

一人でエクサゴルに向かったレイは、パルパティーンの真の目的を知ります。

 

それは孫娘であるレイ・パルパティーンを皇帝として帝国を復活させること

 

・・・・・・・え?

前作でレイの親は「何者でもない」って言ってなかった?

引用)「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」公式HPより

ファンの間ではこの予想はされていたようなのですが、僕は、事前情報をなるべく見ないで映画を鑑賞しているため、まさに寝耳に水。

ほぼ、レイと同じリアクションをしていました。

 

レイの親はパルパティーンの子であるものの、闇の道を進ませまいとする両親の思いから、一人惑星ジャクーに取り残されていたのです!

 

前作最後の、子供がフォースの片鱗を見せたシーンや、レイがスカイウォーカーの血筋ではないこと、フィンがライトセーバーを使用したことから

誰にでもフォースは宿る、どんな人も平凡であり、特別である

というメッセージを勝手に感じ取って感動していた僕としては、

あれ?結局血縁か・・

ヤムチャより悟空か・・

と少し残念な気がしてしまったシーンでもあります。

 

エクサゴルの最終決戦!

エクサゴルにて、自分はパルパティーンの血を継ぐものであるという、衝撃の事実を突きつけられるレイ。

しかし、外ではレジスタンスvs帝国の激しい空中戦が繰り広げられています。

パルパティーンの圧倒的な力にレジスタンスは絶対絶命!!

 

そこに現れるカイロ・レン改めベン・ソロ

このシーン、鳥肌ものでした!

 

なんてったって、ベン・ソロの服装がいい!

これまでマントにマスクで頑張っていたのに、突然全身真っ黒の大学生みたいな恰好で現れるのです。

めちゃくちゃ格好良かったです。

 

 

共闘し、善戦するも一度は敗れる2人。

しかし、最後はレイとベン、二人のライトセーバーを使って、レイがパルパティーンを打ち破ります。

 

みどころ解説

その① 最終決戦!ギリギリでの宇宙船大艦隊到着!

スターウォーズで戦うのはジェダイだけではありません。

今回、最も感動したのは、エクサゴルでの空中戦。

 

エクサゴルでの最終決戦で、絶体絶命のレジスタンス!

さすがのポー・ダメロンも、諦めかけたその時、何百、何千という仲間たちが宇宙船で現れるシーン!

ミレニアムファルコンや懐かしのキャラクターたちが一つになって戦うシーンは号泣必死です。

 

 

その② サブヒロインの座、争奪戦の行方

前作でさっそうと現れ、フィンと行動を共に宇宙を駆け回り、整備士ながら戦場に飛び出す等、実質サブヒロイン的な立ち位置ながら、特に役に立たないうえに、フィンの決死の特攻を阻害したことで、全世界に賛否両論の旋風を巻き起こしたローズ・ティコ。

そんな意見があってか、今回は登場がかなり控えめに・・。

さらに、フィンと同じく元ストームトルーパーのジャナが現れ、サブヒロイン交代の危機に瀕します。

引用)「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」公式HPより

フィンやローズをはじめ、キャスティングには様々な意見があるようです。

マイノリティーへの配慮が大切であることは間違いないですが、映画に関して言えは、そこに捕らわれ過ぎないで、その映画にあったキャスティングであればいいなと、思いますね。

 

 

おまけ レイとベンがキスします

これはショックでした。

もう、最後のレイとベンのシーンで

「頼む・・キスだけは・・キスだけはしないでくれ」

と思いながら観てました。ダメでした。

 

制作者側のインタビューでは、検討に検討を重ね、キスありバージョンと、なしバージョンを撮影した上での決断とのこと。

 

こういった部分も、最後、何としてでも大団円につなげなくてはという、制作側の意思を感じてしまいました。

 

 

まとめ SF映画として、スターウォーズとして大満足

フォース便利すぎじゃない?とか若干の違和感はありつつも、

全体的な評価は、人間関係も、戦闘シーンも最高の、超豪華なSF映画で、期待した以上の内容でした。

今3部作はこれで終了ですが、新たなシリーズを楽しみに待ちたいと思います。

 

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました

感想や、おすすめ映画等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです。

 

 

 

© Disney

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

ABOUT ME
ペペ
ペペ
映画大好きな20代後半のサラリーマンです。 新作映画、VOD鑑賞の感想を中心に、映画に関する記事を書いています。 僕のブログをきっかけに、映画を観たくなったり、映画がもっと好きになるお手伝いができたらいいな、と思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください